スピードラーニングでお得に学びましょう!聞き流す学習法

勉強道具

情報を記憶すること

アルファベット

英語をしっかりと学びたいとお考えであれば、まず脳が物事を記憶するメカニズムを把握しておくと良いかもしれません。脳というのは大きく分けて二つの記憶形式を有しています。それは短期記憶と長期記憶の二つなのですが、これらの特性を把握しておくと今後の英語学習に向ける意識も良い方向へ変わっていくでしょう。闇雲に勉強するのではなくて、しっかりと脳に定着させる為に勉強できるようになります。では、まず短期記憶の説明から致します。短期記憶というのは、主に一時的記憶領域とも呼ばれている部分に情報を保管することです。一時的に保管されているだけなので、ある程度の時間が経つと情報の殆どを忘れてしまいます。そしてもう一つが長期記憶なのですが、こちらは短期記憶へ保存された情報に何らかの刺激を加えることによって、大脳新皮質に情報を移行する点が特徴です。長期記憶へ保存された情報というのは時間が経過しても忘れることはありません。さすがに全て何時迄も覚えているというわけにはいきませんが、それでもある程度の割合の情報を長期間覚えていられます。それ故に、英語学習を効率的に進めていきたいのであれば、情報を長期記憶へ保存することを意識づけておくと良いかもしれません。

英単語などの情報を長期記憶へ保存し、忘れることのない使える英語力を身につけたいのであれば、自分に適した英語教材を利用するのが一番です。例えば、効率的に科目を復讐できる教材などは覚えるためにオススメかもしれません。